(む}印良品

買ってしまった家電やグッズ、ガジェットをレポートします。

TPUスマホケース

ここ数年使っていたiPhone5sの不慮の死により、急遽、HUAWEI P9liteに乗り換えた私です。
乗り換えの過程については、別のブログ記事 http://muccitexi.hatenablog.com/entry/2017/08/16/173448 を読んでいただくとして…

スマホの外形も、それはそれで意匠を凝らしたデザインがされているので、抜き身で持ちたい気分もあるのですが、汚れや傷に対する恐れもある訳で、
もっとも、スマホの筐体も、それなりに強度のある素材なので、高いところから、固いところに落としたり、派手に擦ったりしなければ、それほどひどい傷にはならないものです。しかし、落とさないかと言えば、かなりの確率で落とすわけで…

P9liteには標準添付品として透明な保護ケースが付いてきます。観たところ、おそらく素材はPC(ポリカーボネート)です。透明度や強度の点でケースの材料として採用されることの多い素材です。スマホメーカーの純正品なので、取り付けのフィット感もなかなかなのですが、
・表面がツルツルしてるので、滑って落としそう
・固いので、摩擦による傷には強いと思われますが、落下などの衝撃はもろに掛ると思われる
・ストラップやリングを付ける穴やアタッチメントがない
ということで、サードパーティー製のもので探すことにしました。

しかし、店頭に行っても、Apple iPhone, Samsung Galaxy, SONY Xperia辺りは色々と並んでますが、HUAWEI P9liteとなると、なかなか見当たりません。
最近、流行ってる感のある横開きの手帳タイプのケースなら画面や外形のサイズに合わせて汎用品もありますが、私は、本来抜き身で持ちたい人なので、狙いとしては、透明で、スマホ背面を覆うようなケースです。PC(ポリカーボネート)に比べると、柔軟性のあるTPU(熱可塑性ポリウレタン)だと、少しはダンパー効果も期待できるかもしれません。

店頭で現物確認が出来ないので、止むを得ず、ネット通販を使うことにしました。今回、Y!mobileMNPで乗り換えるにあたり、キャンペーンでいくつかTポイントもらってるのでYahoo!ショッピングならポイントで買い物出来そうです。

ということで、ポチっと購入。およそ1,000円でした。使うつもりは無かったのですが、画面保護シートもセットで売られてます。
f:id:mucci:20170823165110j:image

下の写真左が、標準添付のPC製のケース。右が、今回購入したTPU製のケースです。
f:id:mucci:20170823165142j:image

ちゃんと狙い通りにストラップ取付用の穴がついてます。PCに比べるとTPUは軟らかいので、引張や衝撃で千切れはしないか心配ですが、そんな心配なほど派手な落とし方は稀だと思うので、深く気にしないことにします。
f:id:mucci:20170823165228j:image

PCに比べると、TPUはゴム調というか、しっとりした手触りなので、滑って落とすことはなさそうです。しばらく、これで使ってみようと思います。

 

アイピロー

直訳すると「目枕」?なのだろうか。

眠る時にまぶたの上から乗せる。乗せるものなのに枕なのか?ってのはさておき、アイマスクが微かに重くなったものだ。

歴史的には中身は小豆だったりしたらしいが、現代版はビーズのようなものが入っている。

冷蔵庫で冷やせばひんやりするし、レンチンすれば温湿布のように使える。常温でもペパーミントの香り袋が付属してるのでそれを入れると涼やかな香りがする。

取り敢えず、寝付きの悪い私にもいくらか効果はあるみたい。


f:id:mucci:20170819154400j:image

五本指シューズ

人類は、その自らの自然性を抑圧して世界を文明化・都市化する。

などと仰々しく言わなくても良いのだが、しかし、人間も動物である以上、動くのである。

たしかに、車という文明の利器を利用するし、靴という文化的装飾品でもって、自らの足指という自然性を隠蔽する。

また、仰々しくなってしまった。

しかし、太古の祖先は裸足で歩いていたに違いなく、ただ自然性を失って「進化」してきた人類は履物を発明したのであろう。

また、仰々しいな。

てわけで、スニーカーなんかより、自然な足踏み感のある五本指なシューズ"Vibram Five Fingers"です。

4,5年前にも興味を持って買って、たまに履いてたのですが、遂にヘタってしまったので新調しました。

以前は通販だったのですが、実店舗で履き比べしたところ、思ってたよりワンサイズ下でした。

f:id:mucci:20170807025235j:image

左が今回購入のVFF V-RUNです。サイズを合わせたのと、以前は踵の後ろと甲の上のマジックテープだったのが、伸縮性のあるシューレースになったので、随分フィット感が向上しました。

このVFFを使うメリットは

・外反拇趾が治る

・指を使うので脚の筋肉の使い方が自然になる

・地面を掴んでる感じがする。グリップ感が上がる

・姿勢が良くなる

・歩いたり走ったりの時に、変な蹴りや着地をしなくなる

…などなど

初めて着用した人が、普通のスニーカーのノリで、いきなり走ると、ヒールストライクで脳天まで響くので、爪先からというか、足裏を水平に降ろすような感覚で着地すると良いです。

2万近くしますが、まぁ普通のスポーツ用のシューズでもそこそこしますから、お得ではないでしょうか?

デメリットは、VFFに慣れると、普通の靴の時に、足指が窮屈になってしまうことかな。

f:id:mucci:20170807030143j:image

こんにゃくスポンジ

 f:id:mucci:20170806192113j:image

なにやら、見た目はスポンジというより、乾燥したヘチマのわたみたいですが、食べるコンニャクと同じような成分で出来ているらしい。

水を含ませるとフニャフニャになるので、それで肌を軽く撫でる感じで使うそうだ。

泡立てた石鹸を付けても良いらしいが、後ですすがなきゃならなくなるし、水で濡らしただけで、用は足せる。

買ってしばらく使ってるが、鼻とその周辺の毛穴が落ち着いてきた気がする。

ダイソーで100円で売ってます。

KURU TOGA

小学生の頃、鉛筆削りで削りたての鉛筆の芯の先がみるみる丸まって線が太くなってしまって困っていた。もっとも筆圧も不必要に高かったのだが…

初めてシャープペンを手にした時は、画期的に思ったが、φ0.5のシャーペンの芯とはいえ、描いているうちにダレてくるのである。

この、クルトガというペンは内部にクルトガエンジンというバネと歯車で出来た仕掛けがあり、筆圧が緩むごとに、内部で芯が回転し、常に尖った状態を維持するのだ。

何だかスゴい

f:id:mucci:20170718134059j:image

MONO zero

MONOと言えば、プラスチック消しゴムの代表のようなものだ。

消しゴムを使う時は、広い範囲なら別だが、普通に字消しに使うのなら、角を使いたくなるし、使っているうちに、角らしい角が無くなってしまう。

そんな所で、ノック式のペン型繰り出し消しゴムである。良き。

f:id:mucci:20170718132121j:image

350円

 

マグネットクリップ

仕事でステンレス定規を使うのだが、これを平らな机の上に置いてしまうと、取りづらくて仕方がない。何だか机にピタッと張り付いてしまって、摘まみ上げられないので、机の端まで持って行って、はみ出させて、ようやく掴むみたいな。

そこで、ホワイトボードなどに紙のメモを止めたりするマグネットクリップをステンレス定規にくっ付けると…

実に気持ちよく掴めるではないか。

f:id:mucci:20170718125027j:image